「動画編集で稼げる」はウソ!?ディレクター“N”が物申す!
動画編集の真実を見る

【Avid Media Composer VS Adobe Premiere Pro】動画編集始めるならどのソフトが良いの!?【徹底検証】

YouTube編集スキル
この記事は約6分で読めます。
最近寒くなってきましたね… 気づけば今年ももう終わる…年々時の流れが早くなっているように感じます… 私は季節の変わり目に毎回風邪を引くんですが、皆様も体調に気をつけてくださいね

それぞれの比較まとめ

AvidもPremiereも編集ソフトとしてはプロも使うレベルの商品です。他の競合としてはFinal Cut Proがあります。よくFCPXと表記されるのはこのファイナルカットのことです。

Avidは編集ソフトのランキングの中では長い間トップの座に君臨していました。Premiereは近年の動画編集ブームだったり、低予算で制作される映画だったりの流行によってその人気を得てきた歴史があります。

インターフェース使い易さ

勝者:プレミア


Adobe Premiere Pro Interface

プレミアは初心者から上級者まで全ての人に優しいデザインで、直感的に操作することができます。タイムラインの設計も特に癖があるわけではなく、ファイナルカットではマグネティックタイムラインとして、動画素材が直前の素材に自動的に付くになっていたりしますが、そのような癖はありません。プレミアでは編集のインターフェースを自分でカスタマイズできたり、使用用途別にプリセットがあったりなど、ユーザーに最適化された選択肢が多くあり、自分オリジナルのセッティングも可能なため、非常に便利です。

カラコレ

勝者:プレミア

Adobe Premiere Pro Color Correction

Avid Media Composer Color Correction

カラコレの標準で入っているツールは、AvidもPremiereもトップクラスです。しかしプレミアではシーン毎にカラコレを分けたり、また似せたいカラコレに自動でマッチする機能もあり、このマッチングカラー機能を使えば美しいカラコレをワンクリックで実現することができるので、初心者にはとても使いやすい機能です。

テキスト・グラフィック

勝者:プレミア

Adobe Premiere Pro text

プレミアでは同じAdobeのソフトウェアであるAfter Effectsを使うことで簡単にカッコいいタイトルをコンポーズして実装することが可能です。エッセンシャルグラフィックスという機能を使うことでこの機能は実装できるのですが、After Effectsで作った複雑なタイトルをエッセンシャルグラフィックス用に書き出すことで、テンプレートとして色、書体、サイズ等後から変更する必要がある要素だけを抽出して読み込むことができるので、プレミアだけでは出来ない複雑なエフェクトを使ったタイトルグラフィックだったりをテンプレ化して実装できるのはAdobeのソフトウェア間での連携の強さでしょう。

オーディオ

勝者:Avid

Avidを使ったことのない人にイメージしやすく説明するとAvidには標準でAdobe Auditionが搭載されていると考えてください。Avidはサウンドデザインをまるでサウンドデザイナーのように行うことができるくらい、オーディオ面ではプレミアに引けをとりません。

プロジェクト共有

勝者:Avid,, Premiere ??

Avidは元々、編集者が複数いるような巨大なプロジェクトの為に作られたという経緯があるので、プレミアに比べてプロジェクト共有機能が優れています。ただ最近のアップデートでプレミアでも共同編集が可能になり、またプロジェクトマネージャーの登場で、リアルタイムプロジェクト共有が出来ない環境でも、遠隔でのプロジェクトのやりとりが簡単になりました。

プレミアでも、リアルタイムでコラボ編集することは可能です。以下の動画、サイトを参照ください。

Premiere Pro Collaboration on LumaForge Jellyfish

参考:https://blog.ipv.com/remote-collaboration-in-premiere-pro
参考:https://storagedna.com/blog/avid-media-composer-remote-cloud-file-sharing-project-sharing-collaboration/

エフェクト

勝者:プレミア

Adobe Premiere Pro effects

プレミアを使ったことがある人なら、そのエフェクトの多さと、使ったことの無いエフェクトの山を経験済みだと思います。もちろんAvidでも同じエフェクトを実装することは可能ですが、YouTubeを見てもそのチュートリアル数の差は圧倒的で、コミュニティにしてもプレミアに対する質問を受け付けている場所はAvidに比べると圧倒的に多く、編集している中で基本的な操作を覚えた次に出てくる疑問はエフェクトの使い方ですが、その初歩的な疑問を解消する為にはプレミアは最適といえるでしょう。

ワークフロー

勝者:プレミア

Adobe Premiere Pro Workflow

ワークフローに関してはプレミアは全ての初心者から上級者までの需要に応える作りになっているので全ての編集者にとって使いやすいのはどちらかと聞かれれば、プレミアの圧勝でしょう。

価格

勝者:プレミア

Adobe Pricing

プレミアは月額2,000円ほどですが、月額5,000円ほど払うことで先程から出ているAuditionだったりAfter Effectsだったり、Adobeの他のソフトを全て使うことが出来ます。一方Avidは最小プランで月額2,000円ほど、全ての機能を開放すると、月額5,000円ほどかかります。

フォトショップやAfter Effectsを同じ値段で使うことができると考えると、編集を始めようとする方がプレミアを選ばない選択肢は無いのでは?と思ってしまいます。

まとめ

総合的に見て、プレミアがAvidより優れているというのはご理解頂けたと思います。
プレミアはAvidに比べて初心者にも敷居が低く、しかし編集のクオリティとしてはAvidと同様もしくはそれ以上の結果を残せる。プレミアはさらにAdobeの他のソフトウェアと連携することでモーショングラフィックスだったり、3Dだったり、画像加工だったり、イラストだったりと、クリエイティブを進める上で必要な要素が全て揃っています。

ただ、Avidもテレビ業界だったり制作会社だったりで長年愛されてきたプロ仕様のソフトウェアです。Avidのプロジェクト共有は、複数の編集者が同時編集を行うような巨大なプロジェクトの場合、驚異的な威力を発揮します。それが未だに多くの制作現場でAvidが使われ続けている理由でもあり、プレミアに乗り換えない原因でもあります。

出典:Avid Media Composer vs Adobe Premiere Pro | 2020 Comparison

動画編集を丸投げするなら…

動画編集… 動画… 映像… なんだか流行っているし、重要なのは分かってはいるけど、、

動画編集とか、全部できる人材がいないんです!!

そんな悲痛な叫びはありとあらゆる方面から聞こえてくる昨今…

動画編集とか、全部丸投げしたいんです!!

企画とかも…. 丸投げしたいんです!!

分析とかも…. 丸投げしたいんです!!

よく分からないことはネットが解決してくれる時代…
動画編集もイチから始めるのでは時間もお金も掛かってしまうし
何より「流行に乗り遅れ」てしまいますよね?

そんなお悩みを全て解決するのが「ZENCREATE」
「動画を使ってなにかしたい!!」
そんなお悩みを一発で解決するサービスです。

  • 企画
  • キャスティング
  • 動画撮影
  • 動画編集
  • アップロード
  • 分析&改善

全て解決致します。

今までの制作会社は動画を作って納品して終わり…

ZENCREATEにはマーケティング部門メンバーが多数在籍しており
動画を作って反応を見て、更に良い施策を実行可能です。

 

でも、お高いんでしょ??

そんなに動画に割ける予算はありません!!

ZENCREATEは

相場の3分の1から5分の1の

お値段で導入可能です。

クライアント数の増加に応じて順次値上げ予定です

今すぐ無料でお見積もり

コメント

タイトルとURLをコピーしました